2011年03月28日

ジャンク品を使って優勝! スラバヤ工科大学のロボットたち

「ロボコン」をご存じでしょうか。NHKが毎年放送している、ロボット競技会です。国際大会"ABUロボコン(Asia-Pacific Robot Contest)"も開催されており、日本や中国、インドなどの大学が、ロボット技術を競い合っています。



(動画は2008年大会の様子)

インドネシアのスラバヤ工科大学も、強豪校の一つ。2001年に優勝した経験があります。この大学では、ロボットがジャンク品市場で集められた中古パーツで作られている、という話を聞いて、大学を訪れました。

……「ジャンク品でロボットを作っている」という情報だけで、車でキャンパス内を移動するような大学に、のこのこやってきました。

ところが、会う人会う人が非常に親切。ロボットを製作しているスラバヤ電子工学ポリテクニックまで、車で送ってもらい、実際の制作風景も見学させてもらいました。


2011032701.jpg
体育館のようなところで、ロボットの製作と試運転が行われています。


2011032703.jpg
学生が寝泊まりしながら作ります。


2011032702.jpg
過去のロボコンに出場したロボットが、並んでいました。このロボットに使われているモーターは、ジャンク品の再利用だそうです。


2011032705.jpg

2011032704.jpg
このキャタピラは、コピー機のパーツを流用しています。

夏に行われる2011年大会の最新型も見せてもらいましたが、残念ながら撮影はNGでした。


2011032710.jpg
この学部は、1987年にJICAのプロジェクトにより開設されました。校舎も日本のODAで建てられ、教授陣も日本で研修を受けています。どうりで、日本人に対する好感度が高いわけです。後日、ジャンク品市場まで、車で案内してくれました。


2011032709.jpg
大学から車で20分ほど走った先にある、「どろぼう市場」、Pasar Loak。様々なジャンク品が並びます。この中から、ロボットに使えそうな部品を見つけ出します。


2011032708.jpg
気性の荒いマドゥラ島出身者たちが店を構えているらしく、外に降りてカメラを構えていたら、危ない! と、車に連れ戻されました。


2011032706.jpg
案内してくれたのは左からバマ、ロディク、ルッキィ。いずれもスラバヤ工科大学の学生です。バマは2008年にインドで行われたロボコンに、操縦士として参加したこともあります。そんな彼から、質問を受けました。

「どうして、日本はエレクトロニクスが進んでいるのに、ロボコンは弱いの?」


2011032711.jpg
街のあちこちで家電やバイクを直している国と、壊れたら買い換える国の差、かな。

posted by 瀬戸義章 at 01:28 | Comment(0) | 7カ国目「インドネシア」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月17日

ペットボトルに聖水を注いで。イスラム教のリユース。

2011年2月15日火曜日。インドネシアでは祝日でした。イスラム教の預言者であるモハメッドの降誕した日とされ、もっとも盛大な祝日の一つです。


2011031704.jpg
スラバヤ市のアンペルモスクを覗いてみました。1421年に建立された、スラバヤ市でもっとも古いモスクです。車道なのに車が通れないほどの人だかりでした。今日の最高気温は31度。息苦しいほどの熱気です。


2011031703.jpg
モスクの奥に入ってみると、お祈りは…… あれ? 普通の広場でやっています。公園のようなところで、座り込んで、壁に向かって。そういえば、イスラム教では偶像崇拝が禁止されているのでした。何百、何千という声が重なり合った祈りの歌声は、とても荘厳でした。


2011031701.jpg
モスクの敷地内に、なぜか空のペットボトルを売る人々が。1本、1,000インドネシアルピア(約10円)。何に使うんでしょう?


2011031702.jpg
買った人をじっと見ていると、備え付けられた水場で、ペットボトルに水を注いでいるのが分かります。中にはお祈りをせずに、水だけ汲んで、飲みながら帰る人も。後から聞いた話では、これは
「聖水」だそうです。お祓いの効果があるそうで、家の病人に飲ませたりするそうです。

イスラム教の聖水を持ち帰るのに、空きペットボトルが活用されていました。

posted by 瀬戸義章 at 21:54 | Comment(0) | 7カ国目「インドネシア」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月16日

"橋"のリユース? 大阪とインドネシアを結ぶ架け橋。

2011031601.jpg
ここは、インドネシアのジョグジャカルタ市。チョデ川に架かるこの橋は、実は、日本で撤去された橋が「リユース」されたものです。

もともとこの橋は、1968年の高度経済成長期、大阪府の守口市に建設された歩道橋です。時が経つにつれ、少子高齢化が進み、通学に使う児童が徐々に減っていきます。そして、近くに横断歩道ができたことなどから、日中の利用者数が二十人以下に減少しました。維持管理費用がかさむため、大阪府は撤去を判断します。

そんな中、2006年にインドネシアのジャワ島中部で地震が発生。大阪府の職員も、復旧支援のためジョグジャカルタへ駆けつけます。地震に伴って起きた土石流により、もともとあった橋は崩落していました。そこで職員が受けた要望の一つが、「撤去する橋があるのなら活用したい」。


2011031603.jpg
そこで府はプロジェクトを発足。協賛金を募って、歩道橋の点検・再整備やインドネシアへの運搬を行い、2008年2月に、チョデ川での設置が完了した、というわけです。

ちなみに、こうした橋のリユースにはいくつが前例があります。たとえば、あのマザーグースの歌で有名な「ロンドン橋」。1831年に造られたこの橋は、その役目を終えたとき、アメリカの投資家に売却されます。そして1971年アリゾナ州のレイクハバスに設置され、いまでも観光名所になっています。


2011031604.jpg
チョデ川で遊んでいた、近くに住む中学生のAji君に感想を聞いてみました。
「前は遠回りしなきゃいけなかったから、橋ができて便利」
通学の道のりが2km短縮されたそうです。


2011031602.jpg
橋の向こうは、3万人の学生が通うというGajah Mada大学、そして病院。緊急時に素早く移動ができるようになりました。

12月など、雨が多いシーズンは水深が深くなるようですが、今ははだいぶ浅い様子。と、いうのも上流から砂が流れ、堆積しているからだそうです。


2011031605.jpg

2011031601.jpg
上は敷設直後の写真、下は2011年2月に撮影した写真。相当に砂が溜まっているようです。……橋が埋まってしまわない事を祈ります。


posted by 瀬戸義章 at 21:13 | Comment(0) | 7カ国目「インドネシア」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。