2011年03月09日

東ティモール オエクシ県のゴミ捨て場。

2011030805.jpg
宿の脇に、ゴミを積んだトラックが止まっていました。宿の車両で、たまったらゴミ捨て場に捨てに行くそうです。そこらの川に捨てることもあるそうですが……


2011030803.jpg
近くのゴミ捨て場まで案内してもらいました。



宿からバイクで10分ほど、飛行場のすぐ隣です。ゴミ捨て場、というより、あちこちにゴミが捨ててある草地、といった感じですね。

案内人曰く「ガラスの破片も散らばってるから、子どもたちが裸足で踏むと危ないんだ」

2011030804.jpg
奥のほうに、錆びついた缶が多量に捨ててあります。


2011030802.jpg
こちらには汚水を捨てているそうで。


2011030801.jpg
案内してくれたのは、宿の長男John。インドネシアの大学を卒業して、将来はNGOでオエクシのために働きたい、と言います。

みんなが捨てているペットボトルや缶はリサイクルできるよ。それでお金持ちになった人もいるよ。と、ベトナムの事例を紹介しました。

ただ有価物を集めるだけでは、輸送コストが高いこの場所では、お金にならないかもしれません。一次加工してから輸出するか、あるいは、この島で工業をする「原料」としても使えるのではないでしょうか。

「教えてくれてありがとう。次会うときは、みんなリサイクルしてるよ!」

頑張ってほしいです。


posted by 瀬戸義章 at 00:16 | Comment(0) | 6カ国目「東ティモール」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月08日

水運搬の革命品! 東ティモールの「Qドラム」

2011030706.jpg
「Qドラム」。これがあれば、一度に50リットルもの水を、簡単に運ぶことができます。ご覧の通り、とても単純な仕組みですが、考えつかなかったドーナツ形。複雑な機構でないため、ロープを結べば、だれでもすぐ使えます。


2011030705.jpg
生活に欠かせない、水。運ぶのは、主に女性や子どもの仕事です。水場は村ごと・地域ごとに決まっています。歩いて5分のところにあるかと思えば、往復に2時間、川まで険しい山道を登り降りしなければならない村もあります。



それまでは、5リットルのポリタンクを、抱えて歩いていました。



いまでは、一度運ぶだけですみます。


2011030701.jpg
実際に運んでみました。思ったよりも楽に転がせます。坂道では転がってしまわぬよう、慎重さが必要ですが、それでもポリタンクを抱えるよりはずっとお手軽。ただし、急勾配で手を離してしまうと危険なので、小さな子ではなく、16歳くらいから、これで運ぶようにしているとか。


2011030702.jpg

2011030703.jpg
このQドラムが使われているのは、東ティモール、オエクシ県。現地のNGOセントロ・フェトが、一つ10ドル(5ドルの二回払い)で販売しています。初回販売では、17個売れたそうです。

Qドラムのもともとの値段は、65ドル。さらに輸送費や関税などがかかります。それをなぜ10ドルで販売できるのかと言えば、米国NPOコペルニクが寄付を集め、現地のNGOに提供しているからです。有料で販売している理由は二つ。一つは、きちんと使ってもらうため。もう一つは、現地のNGOの活動資金とするためです。ただ物品を提供するのでなく、活動が持続できるように、波及効果がある仕組みとなっています。



オエクシの中心部から、提供先のオエノアまでは、山道を車で行くこと1時間以上。燃料代だって馬鹿になりません。


2011030704.jpg
販売時には、「収入はいくらか」「水を運搬するのにどれだけの時間をかけているか」など、生活状況についての細かいヒアリングを、購入者一人一人に対し、行っています。50リットル水を運べば2,3日持ちますし、浮いた時間は、勉強をしたり、薪を集めたり、別のことに使えます。そういった効果を、期間をおいてまた質問をすることにより、具体的に知ることができます。


2011030707.jpg
コペルニクの共同代表である中村さんは語ります。
「テクノロジーをただ届けるのではなくて、アセスメントをしていきます。便利なのか不便なのか、どれだけ生活が向上するのか。そういった情報を、Amazonのレビューのように掲載できれば、ユーザーはどの製品を選べばいいのか、判断することができます。また、ファウンダーには、価値ある市場が潜んでいることを伝えられます。製品をより良くするためのフィードバックにもなります。ソーシャルな市場を見える化し、活性化することが狙いです。」

コペルニクをもっと知りたい! 寄付したい! という方はコチラ

posted by 瀬戸義章 at 01:11 | Comment(0) | 6カ国目「東ティモール」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月06日

ゴミでお料理? 東ティモールの「バイオマス・ストーブ」。

2011030602.jpg
「UB-3 バイオマス・ストーブ」。ココナッツの殻や、トウモロコシの芯・木屑などを燃料にして、調理ができるコンロです。


2011030601.jpg
このコンロは、米国NPO法人コペルニクが、東ティモールに届けているテクノロジーのひとつです。


2011030603.jpg
東ティモールの伝統的な調理用ストーブは、「スリーストーン」と呼ばれる、石を3つ並べた竈でした。窓のない茅葺屋根の中で使用されるので、煙がもうもうと立ち込める代物です。天井につるされたトウモロコシには、多量の煤がこびりついていました。


2011030604.jpg
フラッシュを焚かずに撮影。この"キッチン"は昼間でもこの暗さです。


2011030605.jpg
当然、煙で呼吸器が損なわれますし、火事になることもしばしばあるそうです。また、出入り口は非常に狭く、ぐっと身をかがめなければなりません。なぜこんなキッチンなの? と尋ねたところ、答えは、「ずっとそうだったから」。


2011030606.jpg
この伝統的な方法に比べて、バイオマスストーブの大きな利点は次の3つです。
(1)廃材を利用できるので、燃料代が浮く。(薪は一束25〜50セント)
(2)燃焼効率が高く、火力が強いため、短時間で調理ができる。
(3)煙があまり出ないため、健康被害も小さい。


実際に使用している動画はこちらです。




このストーブを開発したのは、インドネシアBrawijaya大学のNur Huda教授。事前に酸素を加熱し、排ガスを二次燃焼する機構を備えているため、熱エネルギーをロスが少なく、効果的に燃焼できるようになっているそうです。

燃料を作る手間がほとんどかからない、この凄いバイオマス・ストーブ。今では、東ティモールオエクシ県のおよそ100世帯で使われています。


posted by 瀬戸義章 at 22:45 | Comment(7) | 6カ国目「東ティモール」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月04日

最果てに支援を! NPOコペルニクによる「テクノロジーのリメイク」

2011030405.jpg
ここは電気の届かない村。しかし、太陽光パネルで充電ができる"dライト"があれば、夜でも、あるいは暗い部屋でも、診察ができます。


2011030404.jpg
それまで使われていたのは灯油のランプ。燃料代がかさむ上に、明かりは乏しく、煙が立ち込める代物でした。


2011030408.jpg
「最果ての地にこそ、支援の手を差し伸べるべき。」
そんな理念の元、米国NPO法人コペルニクは、現地のNGOとともに、最貧困層へテクノロジーを届けています。


2011030407.jpg
この村があるエルメラ県までは、東ティモールの首都ディリから、車で4時間。僻地への巡回診療を行っている、BAIRO PITE CLINICと共にやってきました。

4時間といっても、

2011030401.jpg

2011030403.jpg

2011030402.jpg
こんな道々なので、それほど距離は離れていないかもしれませんが……


2011030406.jpg
ふだんこの村には医師はおらず、助産師がお産に立ち会ったり、赤ん坊の発育状況を診断しています。緊急時は携帯電話で医師に相談していましたが、このdライトは携帯の充電もできる優れもの。ジェネレーターのある店で、25セント払って携帯の充電をしなくてもすみます。

太陽電池は、1954年にアメリカで発明され、人工衛星の電力供給に使われ、先進国に代替エネルギーとして普及しつつあります。その技術が、ここ東ティモールで、生活のために欠かせないものとして提供されています。「テクノロジーのリメイク」と感じました。


posted by 瀬戸義章 at 23:38 | Comment(0) | 6カ国目「東ティモール」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月03日

ペットボトルが拾い放題。拾ってみた 〜東ティモール編〜

東ティモール、オエクシ県。ここでは本当にリサイクルが行われていないのか、ゴミを拾ってみました。


2011030201.jpg
ホテルの玄関前にて。これから拾います! 背景は合成じゃありませんよ。


2011030203.jpg
最果てだからといって、ゴミが落ちていないわけではありません。


2011030204.jpg
むしろ、そこかしこに溜まっています。


2011030202.jpg
さて、あっという間に溜まった袋の内訳を見ると、半分がペットボトルを占めています。けっこう年季ものもありますね。「空き缶」を拾ったのは、この国が初めてでした。あとは段ボールと容器包装プラスチックです。

例えばタイでなら、ペットボトルは1kg30円前後で引き取ってもらえます。飲み終えたペットボトルをスカベンジャーに渡して、お礼を言われたこともありました。そのペットボトルがなぜこんなにも、「最貧困」の地域に落ちているのでしょうか? 考えられるのは、輸送コスト。


2011030205.jpg
ここオエクシと、首都ディリとの行き来は、わずかに小さなフェリーが週二回運行しているのみ。訪れたときはそのフェリーも故障していました。(写真はインドネシアより借りた代替船)。このか細い輸送手段では、運ぶコストがかさみ、リサイクルが成り立たないようです。

リサイクルが成り立たないなら、ペットボトルをペットボトルとして、何か生かせれば良さそうです。飲んだ後は浄水器になるとか、連結して水道管になるとか、ペットボトルの形はそのままに、追加の機構を持たせて、あとはDIYできると面白そうですね。



posted by 瀬戸義章 at 00:43 | Comment(0) | 6カ国目「東ティモール」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。