2011年11月21日

セキュリテ 被災地応援ファンド

2011112100.jpg

セキュリティ 被災地応援ファンド」は(株)ミュージックセキュリティーズが運営する、被災事業者支援のマイクロファイナンスサービスだ。一口10,500円から投資をすることができる。

蒲鉾屋、酒造、鮮魚店、イチゴ農園といった各事業者のページには、"復興計画"とファンド資金の使途が説明されている。それを見ながら、応援したい企業を自分で選ぶわけだ。進捗のレポートも掲載される。

産業再生のアクセルとなるこのサービス、既に12,373人が参加し、410,650,000円が集まっていた。

"投資家特典"をみると、商品のプレゼントや割引だけでなく、「新工場の落成式への招待」があった。なるほど、これは応援者にとっても、リアルに復興を感じ取れる。




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。