2011年09月26日

人間は忘れる。『未曾有と想定外――東日本大震災に学ぶ』を読んで

2011092601.jpg

人にすすめられて『未曾有と想定外――東日本大震災に学ぶ』を読んでみた。著者は、畑村洋太郎。

wikipediaにはこうある。「畑村 洋太郎(はたむら ようたろう、1941年1月8日 - )は、日本の工学者、工学博士。工学院大学グローバルエンジニア学部、機械創造工学科教授。東京大学名誉教授。東京都出身。専門は失敗学、創造的設計論、知能化加工学、ナノ・マイクロ加工学。 最近では、ものづくりの領域に留まらず、経営分野における『失敗学』などにその研究を広げている」

著者のwebサイト「畑村創造工学研究所」には「失敗知識データベース」というコンテンツがある。ページのTOPには、機械、科学、建設、航空・宇宙といったそっけない16分類の目次。しかしその中には、膨大な失敗事例が詰まっていた。「東京ビッグサイトエスカレータ逆走」「パロマ湯沸器事故」「チェルノブイリ原発の爆発」「タイタニック号沈没事故」など、古今東西の失敗。その概要と経過、原因、そして背景。事例を数えてみたら、1,283あった。もの凄い情報量である。

そうした「失敗学」の専門である著者は、現在、福島原発の事故調査委員長を務めている。「委員になると、報告がまとまるまでは原発事故に関して、知り得た事実を自由にオープンにすることはできません。そこで駆け足でこの本をまとめることにしました」と冒頭にある。「おわりに」に記載された日付は6月6日なので、震災から3ヵ月足らずでこの本は書き上げられたことになる。

以下、本の内容を簡単にまとめる。
-------------------------------------------------------------------------------------
「未曾有」ないし「想定外」という言葉を、思考停止の免罪符に使ってはならない。三陸地方は、この100年の間に4回も大津波に襲われている。東日本全域へ大きな被害をもたらした地震も、1200年前に起こっている。歴史と同じように、自然もまた繰り返す。寺田寅彦は「自然ほど伝統に忠実なものはない」と指摘している。けっして今回の震災は「未曾有」のできごとではない。また、そもそも物事を安全に運営するうえで、「想定」するのが専門家の責務である。諸条件をつねに問い直して、なんとなれば自分がテロリストになったつもりになって、危険を見つけ、「想定」するのが専門家のなすべきことである。想定外のことが起こったのではなく、なにも考えていなかっただけだ。

「忘れる」という大原則がある。
・人は忘れる。3日で飽き、3ヵ月で冷め、3年で忘れる。
・組織は忘れる。人が入れ替わる30年で、その記憶は途絶える。
・地域は忘れる。人が死ぬ60年で、その記憶は途絶える。
・社会は忘れる。300年経てば、それはなかったことになる。
・文化は忘れる。1200年経ったそれは、存在しなかったことである。
警告を対策につなげるには、この忘れっぽさを考慮しなければならない。

津波対策には二種類ある。一つは、防潮堤などハード面で「対抗する」。もう一つは、避難訓練などソフト面で「備える」。高度経済成長期から、日本では前者が優先されるようになった。世界一の堤防をつくり、これで安全だと信ずるようになってしまった。実際にチリ地震の津波は防げたので、その経験を知る人ほど、逃げるのが遅れた。ソフト面での成果もあった。釜石市の学校では、「逃げろ」と教えていた。防災授業のまえに、地震が起きたらどうするか? という問いに「親が帰るまで待つ」「お母さんに電話する」と答えていた小・中学生は、率先して逃げた。規定の避難所ではなく、もっと高台まで逃げた。「自分で見て、自分で判断して行動する」ことができた。人口の3%が亡くなった釜石市で、登校していた小・中学生の生存率は100%だった。確実に助かるためには、中途半端に対策をして安心するよりも、つねに危険を意識して暮らした方がよいのかもしれない。

有珠山には、噴火の直撃を受けた菓子工場など、悲惨な場所をあえて残しているジオパークがある。つらい記憶を思いだすことを避けたい気持ちは分かるが、未来に「逃げない」人をつくらないためにも三陸版のジオパークをつくって欲しい。その場所が海岸沿いに住む全国の小中学生の修学旅行先になれば、またとない教育になる。

原子力に怖さを感じていた理由の一つは「原発は絶対に安全です」という言葉だった。反対派との敵対関係のなかで、殻を閉ざし、正当性のみを主張する姿勢があった。柏崎刈羽原発の事故後に、自然災害による事故の危険性を東電幹部に伝えたが、返ってきたのは「原発は絶対に安全だから大丈夫です」という答えだった。

今後同じような事故を起こさないためには、単に誰かを批判するのでも、事実の後追いをし続けるのでもなく、今回の原発事故に学び、新たなことが起こるまえに問題提起をして、危険因子を取りのぞかなければならない。

いつでも、どこでも、いくらでも電気を使いたいという社会のニーズに原発は最適だった。それは議論の前提である。リスクとベネフィット、両方のバランスをみて、技術を活用していく必要がある。

日本人とは、自然災害から学んできた人びとのことである。
-------------------------------------------------------------------------------------

南三陸町では震災のメモリアルとして庁舎を残す計画があったが、住民の反対によって、取り壊しが決まったそうだ。

3ヵ月の復興支援業務を終えて、東京に戻り、感じたことは、こちらではもう震災は終わっているんだな、と言うことだった。

「次」に「ここ」で起こる災害は、想定内だろうか。


この記事へのコメント
このような勝利が少ないことがです。彼女が黒いデリーに述べたことを望むようで、コピーブランド彼女がもっと多い時おばさん達に抑圧されるのです。彼女の言ったあれらの枝葉末節、恐らく譲るあなた感じるです聞く1つの若い頃する裁縫とつくる請け負い会社の女話をします。修道院の中であれらの穿統一黒色院の童の従う孤独な女子達と違い、彼女は彼女が1つの小さいオーダー制の黒色コピーブランドかばんがあったと公言します;彼女のおばさん達が毎年春に全てひとつ彼女にあげるのが新しかったです。コピーブランド
Posted by コピーブランド at 2014年02月20日 15:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。