2011年09月14日

アイセック・ジャパン

20110913.jpg


本日は、アイセック・ジャパン 東京大学委員会の部室オフィスにお邪魔して、東南アジアについての話をしました。最近インドネシアへの旅を終えて帰国した水野さんと原口さんがお相手です(後半ギャラリーが増えましたが)。

アイセックは学生による世界最大規模のNPOで、「国際的な視野に立ち、且つ自国の社会や人々の発展と成長に貢献しうる人財を世に送りだす事」を活動理念に、海外インターンシップを推進しています。フランスの学生が発起人で、現在、世界107ヶ国で活動しています。

彼らには、インドネシアのスクナン村を紹介していました。町全体でゴミのリサイクルを推進し、またそれを観光資源としても活かしているコミュニティがあります。この、少し変わったエコツーリズムは盛況のようで、アイセックが訪れる前日には、APECの団体も訪れていたとか。

なお、震災の影響によって、訪日する学生は特に減少していないそうです。

posted by 瀬戸義章 at 01:00 | Comment(0) | 7カ国目「インドネシア」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。