2011年08月29日

マルシェ・ジャポン センダイ

復興支援活動をしていく中でお世話になった仙台の農業生産法人『舞台ファーム』さんのwebサイトにて、東日本大震災のコラムを10回に渡って書かせて戴きました。順次転載していきます。これは7月7日に書いた、第五回目の記事です。

仙台の、青空市場。

−−−−−−−−−−−−−−−−–−−−−−−−−−−−−−−−−–

アーケードの両脇に、30を越えるテントが並んだ。白地にピンク。とんがり帽子のオシャレなつくり。中をのぞくと、木箱に、野菜や果物・お菓子やパンがお行儀よく整列している。お店の人が、ちょっと恥ずかしそうに、いかがですか、と勧めてきた。映画『アメリ』を思わせるBGMが、どこからか聞こえてくる。オーガニックコーヒーのカップを片手に、お喋りしながら、ほんのりとした買い物が楽しめる。

マルシェ・ジャポン センダイ。

マルシェ・ジャポンは生産者と消費者を結ぶために、農林水産省が立ち上げた事業で、生産者直営の市場だ。現在、全国18ヵ所で開催している。ちなみに、”マルシェ” はフランス語で「市場」という意味。仙台では、我々舞台ファームと、仙台放送が運営にあたっている。

震災当初、流通がストップし、市内で食料品が欠乏する中、まっさきに営業を再開したのが、このマルシェ・ジャポン センダイだった。舞台ファームの倉庫から備蓄を放出し、避難所などで炊き出しを行う中で、すべての人が食を求めていると実感をした。

「いまマルシェをやらないで、いつマルシェをやる……」

そう決断し、電話が繋がる地区の店舗に声をかけた。再開時は、わずかにテントが10張り。いつもの1/3の出店者しか駆けつけることができなかったが、商店街のアーケードをぐるりと1周するほどの行列ができ、人びとはこぞって食料品を買い求めた。それから、途切れることなく、毎週末、マルシェは開催されている。

また、この青空市場には、被災した商店も出店している。たとえば、南三陸町の及善商店。もともとは南三陸の志津川地区で、カマボコの生産など、水産加工業を営んでいた。しかし、工場や住まいがすべて津波により流失。再起をかけて、仙台市場から仕入れた商品をマルシェで販売している。
「とにかく前を向いて走り続けるしかない!!!」という、強い気持ちが、そこにある。

「食のあるところには、笑顔がある」
その思いをかみしめて、お客さんと笑いながら、営業をしている。

マルシェジャポン センダイは、毎週木曜日から日曜日に、仙台市のサンモール一番町商店街で開催している。ぜひ、あなたも遊びに来て欲しい。


この記事へのコメント
※素敵なブランドコーピ販売店よ! ※

人気があるパネライ時計コーピ品入荷完了!
LVコピーバックは最近入荷続けます!興味あれば、是非ご覧下さい^^
皆さん、こんにちは!当店は素敵な腕時計コーピ品を経営します。
弊店の主な経営のブランド【ロンジン、ティソ、パネライ、シャネル、グッチ、
コーチ、ロレックス、プラダ、ブルガリ、オーデマ.ピゲ、オメガ、等。】

送料無料(日本全国)!
サポート体制も万全です。スタイルが豊富で。
最新作も随時入荷いたしております。
ご安心購入くださいませ。

http://jaNjan.bRand81shop.Com
Posted by 太田美羽 at 2011年08月29日 21:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。