2011年03月31日

環境NGO"PUSDAKOTA" コンポストの取組inインドネシア#3

2011033001.jpg
これはインドネシアの伝統的な市場。たくさんの野菜や果物、肉、魚が並びます。そして、野菜屑や、解体された鶏や豚の、臓物・骨などが捨てられていきます。そうした生ゴミは、都市ゴミの半分以上を占めています。このゴミをきちんと処理するために、インドネシアではコンポスト化の取組に力を入れています。

スラバヤ大学のNGO "PUSDAKOTA"は、スラバヤ市で活躍するNGOの一つです。スラバヤ大学に所属していて、コンポスト・水質浄化の研究と環境教育を中心に活動しています。


2011033010.jpg

2011033009.jpg
写真は、敷地内にあるコンポスト工場。近くの民家200世帯から集めた生ゴミを、破砕機で細かくしてから、土と混ぜます。堆肥化が進んでいる土は、定期的に、温度が高くなりすぎないよう、攪拌する必要があります(微生物の作用で土壌の温度は70度にも達します)。ここで作ったコンポストは、1kgにつき1,000インドネシアルピア(約10円)で、農家に販売しています。

PUSDAKOTAは、2000年に活動を開始しました。当初は、集めた生ゴミがうまく堆肥化できず、腐敗してひどい悪臭を放ち、大学から、やめろ、と非難を受けたこともあったそうです。

そんな中でも、より効率的に、コンポスト化ができるように研究を進め、2006年に北九州市の技術移転先となり、前回ご紹介したタカクラバスケットを共同開発しました。

現在はバスケットの普及に努めており、2009年は約1,000個、のべ10,000個以上販売しています。スタッフは22名。うち2人は現役の大学生です。


2011033008.jpg
敷地内ではコンポストを使って野菜を育てています。


2011033002.jpg
生ゴミ処理だけでなく、水質浄化にも取り組んでいます。大学のトイレの浄化もしています。


2011033003.jpg
タカクラバスケットより多くの生ゴミを堆肥化できるように、攪拌しやすい箱を発明しました。

2011033006.jpg
なんとローカルなラジオ放送もやっています。オフィスの中にスタジオがありました。


2011033004.jpg
このNGOに見学へ行ったのは、ちょうどお昼時。スタッフが集まっていました。食事の前に、あるテーマ(生命など)に基づくスピーチをして、お祈りを捧げた後にランチとなります。

2011033005.jpg
もちろん、食べ終わったあとは、生ゴミをすぐに回収。コンポストにすることは忘れません。


posted by 瀬戸義章 at 02:18 | Comment(2) | 7カ国目「インドネシア」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Thatツ痴 relaly shrewd! Good to see the logic set out so well.
Posted by FdUIMhPaAlNKShHM at 2011年06月21日 23:44
ルブタンの靴 [url=http://www.cleditorjp.biz/]るぶたん[/url] <a href="http://www.cleditorjp.biz/" title="るぶたん">るぶたん</a>
Posted by るぶたん at 2013年07月23日 20:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。