2011年03月15日

野豚、が道で入浴中? 東ティモール雑感。

東ティモール。名前だけは聞いたことがあっても、どこにあるのかわからない。あまり馴染みのない国だとおもいます。(というか、実際に行ってみるまで、自分がそうでした……)

そこで今回は、国の様子がわかる写真をいくつかご紹介します。

2011031512.jpg
まずは場所の確認。地図上の赤いところが東ティモールです。ティモール島の東部に位置し、島の西部はインドネシアです。


2011031502.jpg
首都ディリのメインストリート。水たまりで野豚が体を洗っていました。最初はびっくりしても、次第にそれが日常になっていきます。


2011031511.jpg
ディリ港の近くの公園。のどかな風景ですが、仕事が無いがゆえに、たむろしている様子でもあります。


2011031510.jpg
東ティモールの多くは「自給自足」の農民で、仕事といえばほとんどが政府、あるいは国連の職員です。そこで、売り子をして稼いでいけるようにと、NGOが自転車屋台を提供していました。


2011031509.jpg
登校中の子どもが買うのは、朝ご飯。


2011031501.jpg
こちらは、クリスティ・スウォード・グスマン首相夫人。教育諮問委員会の代表でもあり、チャイルドケアに取り組む「東ティモールの母」です。


2011031507.jpg
ディリから離れて、ここはオエクシ県の市場。


2011031512.jpg
ちなみに、オエクシ県は「飛び地」です。地図上に離れて赤い点があるのがわかるでしょうか。植民地時代、オランダとポルトガルが、ティモール島で領土争いをしました。ポルトガルの領土だったのが東ティモールで、オエクシもその一部です。


2011031508.jpg
オエクシの電気普及率は30%。このように、電柱があっても電線がない場所があります。独立の際に、インドネシア軍がインフラを破壊しながら撤退した影響です。


2011031506.jpg
オエクシ県オエノアの村長。浮かない顔をしているのは、村のある夫婦の「浮気問題」の解決に苦慮しているからです。


2011031504.jpg
食堂の様子。食べ物だけでなく、石けんや化粧品、電池などの日用雑貨も販売しています。


2011031503.jpg
最後に、同行させていただいた、NPOコペルニクならびにNHKのみなさまです。



posted by 瀬戸義章 at 20:20 | Comment(0) | 6カ国目「東ティモール」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。