2011年03月03日

ペットボトルが拾い放題。拾ってみた 〜東ティモール編〜

東ティモール、オエクシ県。ここでは本当にリサイクルが行われていないのか、ゴミを拾ってみました。


2011030201.jpg
ホテルの玄関前にて。これから拾います! 背景は合成じゃありませんよ。


2011030203.jpg
最果てだからといって、ゴミが落ちていないわけではありません。


2011030204.jpg
むしろ、そこかしこに溜まっています。


2011030202.jpg
さて、あっという間に溜まった袋の内訳を見ると、半分がペットボトルを占めています。けっこう年季ものもありますね。「空き缶」を拾ったのは、この国が初めてでした。あとは段ボールと容器包装プラスチックです。

例えばタイでなら、ペットボトルは1kg30円前後で引き取ってもらえます。飲み終えたペットボトルをスカベンジャーに渡して、お礼を言われたこともありました。そのペットボトルがなぜこんなにも、「最貧困」の地域に落ちているのでしょうか? 考えられるのは、輸送コスト。


2011030205.jpg
ここオエクシと、首都ディリとの行き来は、わずかに小さなフェリーが週二回運行しているのみ。訪れたときはそのフェリーも故障していました。(写真はインドネシアより借りた代替船)。このか細い輸送手段では、運ぶコストがかさみ、リサイクルが成り立たないようです。

リサイクルが成り立たないなら、ペットボトルをペットボトルとして、何か生かせれば良さそうです。飲んだ後は浄水器になるとか、連結して水道管になるとか、ペットボトルの形はそのままに、追加の機構を持たせて、あとはDIYできると面白そうですね。



posted by 瀬戸義章 at 00:43 | Comment(0) | 6カ国目「東ティモール」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。