2011年02月14日

赤茶けたビニル袋たち 〜拾ってみた3 カンボジア編〜

20110205-0203.jpg
シェムリアップの街では、路地は舗装されておらず、この赤茶けた土で覆われています。カンボジアには、まだ「ゴミをゴミ箱に捨てる」習慣が無く、土のなかに、あるいは草むらに、いくつものゴミがうずもれています。


20110205-0202.jpg
実際に拾ってみると、ほんの10分足らずで、袋は一杯になりました。


20110205-0201.jpg
内訳を見ると、「ビニル袋」が多いようです。買い物の袋として使われるのはもちろんのこと、ジュースの容器としても使われています。フィリピンもまた、多くのゴミが道端に捨てられていましたが、あちらがお菓子の袋など、包装プラスチックが多かったのに比べると、ただのビニル袋が多いようです。経済発展の差が、ここからも見て取れるそうですね。




posted by 瀬戸義章 at 11:55 | Comment(0) | 4カ国目「カンボジア」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。