2011年01月22日

バイクを掻き分けゴミ集め。ハノイ市の廃棄物収集システム

「からんころんからんころぉぉん」ハノイ市のゴミ回収は、鐘の音とともに始まります。収集用の台車を押しながら歩く女性が、新しい路地に差し掛かったとき、その鐘を鳴らします。すると、近くの店舗から、家から、あるいは通りすがった人から、ゴミが運ばれてきます。


2011012201.jpg

2011012202.jpg
こちらの連続写真が、カフェの店内から見た、ゴミ収集の様子です。すぐに行ってしまうからなのか、結構あわててゴミを出しています。


2011012208.jpg
ただし、全員がゴミをその時に運んでくるわけではなく、収集ルートに、ゴミ袋が置かれているケースもあります。

トラックが入れないような路地からは、こうして、人力でゴミが集められます。回収は毎日行われ、ハノイ市で1日6,000tのゴミが排出されるとか。女性回収員は、URENCO(環境公社)の職員で、全体でおよそ2,000人近くいるそうです。


2011012204.jpg
台車はいくつかの地点でまとめられ、


2011012205.jpg
トラックに投入されます。収集車が長時間駐車して、道路が混雑することを避けるために、アームによってすばやく自動投入されるメカニズムになっています。

ハノイ市では、交通渋滞緩和のため、日中、トラックが市内に入ることが禁じられています。ですから、回収スタッフたちは夕方の4時ごろからゴミを集めはじめ、トラックが夜6時ごろから、ゴミを収集する、という仕組みになっているわけです。


2011012103.jpg
なるほど、この混雑の中でゴミ収集をするために、工夫を重ねていますね。


posted by 瀬戸義章 at 01:48 | Comment(1) | 3カ国目「ベトナム」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ゴルフクラブセットならコレ!2013新作ゴルフセット大好評販売中!ゴルフの商品が買える通販 サイト!激安ゴルフクセットアウトレット人気通販全国で送料無料、30日以内に返品 する可能!
Posted by ミズノJPX825ドライバー at 2014年04月16日 10:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。