2011年01月06日

タイにはストローがたくさん落ちている? 〜拾ってみた。チェンマイ編〜

フィリピンに続いて、タイのチェンマイでも、実際にゴミを拾ってみました。


2011010501.jpg
拾ってみて、フィリピンとの違いに気づいた点は下記の通りです。


(1)ゴミの種類が豊富。
フィリピンがほぼスナック菓子の袋だったのに比べると、ペットボトルや缶、鉄、チラシ、説明書、テレビの部品など、バリエーションに富んでいました。「食」の比重が少ないと言えるかもしれません。

(2)紙ごみが多い。
フィリピンではあまり見られなかった紙ごみが半数を占めました。イベントのチラシ・ポスター、お店のセールのチラシ、お菓子の箱、などです。

(3)ストローが多い。
タイでは、ペットボトルや缶を買うと、必ずストローが付いてきます。そのせいで、半径5mほどの路上に、30本以上ストローが落ちていました。タバコの吸殻なみですね。


2011010505.jpg
こんなふうに、屋台でミネラルウォーターを買ってもストローが付いてきます。


2011010504.jpg
今回拾ったのは、滞在しているホテル周辺の通りです。大通りなどは、朝、ほうきで掃いているので、比較的ゴミが少ないですが、一歩、路地に入るとなかなかの量。


2011010503.jpg
ホテルの受付にて
「プラスチックの袋をください」
「いいけど、何に使うの?」
「ゴミ拾い」
「!?」


2011010502.jpg
40分ほどで一杯になりました。ちょっぴり、キレイになったかな。




posted by 瀬戸義章 at 03:11 | Comment(0) | 2カ国目「タイ」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。