2010年12月07日

Contribution of "Scavenger"

昨日の記事でご紹介したJUNK SHOPに、有価物を持ち込み、売却するスカベンジャーたち。

彼らはどんな風に分別しているのでしょうか。まとめてみました。




まずはアロマゴミ地区での分別の様子。透明なビニル袋の仕分け作業のようですが、驚くべきことに、ロゴマークなど、色つきの部分をカットしています。汚れも布で拭いていて、繊細な作業のほどが伺えます。



2010120101.jpg
「何してるの?」
「ビニル袋を干しているんだ。そこのTシャツみたいだな。」

コチラは別の場所での作業。
乾かしたビニルは1kg30ペソで売却できるそうです。
JUNK SHOPの相場からすると比較的いい値段かな。

それにしても、どこかで見たことがあるようなキャラです。。
このあと仲良くなって、ジンを一杯おごってもらいました。



こちらはブラタスの農業高校のゴミを取り分けているスカベンジャー。瓶とプラスチックコップのみ取り分けているようでした。

フィリピンに数店舗リサイクルショップを構える、オフィスバスターズさんに事務系の一般ゴミ回収について話を聞くと、
「ゴミは週に2,3度、誰かが来て持って行ってくれる」
「行政の回収車がきたことは無い。収集車もほとんど見ない」
とのことでした。

学校や店舗内の環境をきれいにするにあたって、彼らが活躍していることがうかがえます。


2010120102.jpg
鉄くずを乗せて自転車をこぐスカベンジャー。交通量が多く、排ガス規制も緩いこの国では、都市部の道路はいつも灰色にかすんでいます。
posted by 瀬戸義章 at 20:29 | Comment(1) | 1カ国目「フィリピン」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
確かに、どこかで…
姫路じゃなくてフィリピンで働いていたとは。
Posted by ふるたく at 2010年12月07日 20:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。