2010年12月06日

リサイクルのかなめ。フィリピンJUNK SHOP事情#1

フィリピンのリサイクル活動を支えている、といっても過言ではないのがJUNK SHOPです。スカベンジャーから鉄くず、缶、瓶、ペットボトルなどの「有価物」を買い集める店舗です。買い取った素材は、鉄工所などに、素材として販売しています。

フィリピンには数多くのJUNK SHOPがあります。ゴミ捨て場の近くだけでなく、街中にも。小一時間、大通りを歩けば、1,2軒は見つかるでしょうか。

これは、アロマゴミ捨て場にある、クリスティーナのJUNK SHOPです。彼女は映画『BASURA』の主人公。この地区の案内をしてくれました。




ちょうど、トラックを着けて、集めた有価物を運び出しているところでした。袋を覗くとダンボールなど紙類のようです。

「紙は重いの。濡れているから。」
「一番高く売れるのは、アルミやステンレス等のの金属だけど、ほとんどないわ。鉄くずも、紙も、ペットボトルも、瓶も、みんな安い。」

じっさいにどれくらいの相場なのか、調べてみることにしました。(続く)




posted by 瀬戸義章 at 18:50 | Comment(0) | 1カ国目「フィリピン」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。