2010年11月30日

クリスティーナへのインタビュー

2010112901.jpg

ドキュメンタリー映画『BASURA』の主人公、Christina Pazさんに話を聞いた。彼女は、スモーキーマウンテンで生まれ育ち、12歳からスカベンジャーとして生活。今はジャンクショップで働くかたわら、アロマゴミ処分場に暮らすこともたちへの支援活動を行っている。

――フィリピンの自治体は、ゴミ処分場の"フォーマル化"、つまり、スカベンジャーではなく、公的なリサイクルができるようにしていると聞きましたが、実際のところはどう感じますか?

「Not succesful.たぶん、そういう事をしたいんでしょうけど、うまくいっているとは思えないわ。」

――なぜうまくいっていないのでしょうか?

「Lazy.私たちはすぐに怠けてしまうから。それに、政府の役人がここに来たことなんてないわ。」

――それはどうやって克服すべきだと思いますか?

「Money.ひとつの解決策は、やっぱりお金だと思うの。ジャンクショップに持っていけば売れるから、スカベンジャーたちはゴミを集めている。家庭でもゴミを分別すれば、お金が手に入るようになれば、速いと思うのだけれど。一部の地域や学校では、ゴミ箱が設置され、分別のレクチャーやワークショップが実施されているけども、ちゃんとできるようになるには、まだ時間がかかりそうだから。」

――日本に対して望むことはありますか?

「今日は炊き出しをしてもらったけど、こうしたボランティア活動を、これからもずっと続けてほしい。むしろ私は、ローカルなフィリピン人にこそ、この現状を知ってほしいし、日本を見習ってほしい。」

posted by 瀬戸義章 at 22:56 | Comment(0) | 1カ国目「フィリピン」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。