2010年11月25日

ゴミの山が東京で3番目に高い山? 埋立処分場の中身。

東京23区で3番目に高い山がある場所、それが「中央防波堤外側埋立処分場」。東京都23区のゴミが最後に行き着く場所です。



焼却したり、破砕したりして、容量を小さくしたゴミが、トラックによって運ばれてきます。動画にもあるように、ゴミを捨て、ブルドーザーでならし、土をかぶせます。ゴミと土を交互に積んでいくので、「サンドイッチ工法」と呼ばれます。

こうして海を埋め立て、積みあがった山の高さは、海抜30m。これは、東京23区で3番目に高い山、だそうです。

「夢の島」が処分場として有名ですが、今では完全に埋立が終わっており、(新木場よりも手前に夢の島がある)今は羽田空港近くまで、埋立が進んでいます。

動画にもあるように、最後に土をかぶせ、木を植え、緑化されています。最後には森林公園にする予定だとか。


posted by 瀬戸義章 at 01:36 | Comment(0) | 準備編2 「日本のゴミ事情」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。