2010年11月21日

フィリピンのリサイクルショップに聞きました

リサイクルショップのオフィスバスターズさんに、お話を聞きました。日本国内だけでなく、フィリピンでも店舗販売をされてらっしゃいます。輸出するのは、日本では不用となった中古什器です。

・フィリピンは2桁成長が続いており、ビルがどんどん建っている。オフィスの移転、拡張需要が大きい。
・法人向けの商材の購入層は、30代〜50代。
・新品は中国製がほとんど。中古品が売れるのは「日本人向けの商品である」という信頼性が高いから。
・オフィスバスターズ商品の印象は「よい品だけど少し高い」。
・新品で良いものを買おうとすると、日本より高くつく。フィリピン国内では生産できず、輸入しているから。

なるほど、経済成長著しい国では、オフィス用品の需要も高いわけですね。税関や役所のチェックがしばしば入るため、書類をきちんと保管せねばならず、結果として「キャビネット」「書庫」のニーズが高いそうです。

また、家庭向けのリユース品販売についても、お話をうかがいました。

・いまは店舗の一角に家庭向けコーナーを作っている。今後は、家庭向け商品の販売にも力をいれていきたい。
・「新品を買うお金はないが、仕事はあり、家はきれいにしたい人」が家庭向け商材のターゲット。
・海外で出稼ぎしている人が多い。(地球の歩き方によると、800万人以上が海外に出稼ぎ)
・フィリピンは5%が超富裕層、90%が低所得層。

たとえばフィリピンパブではたらく女性も、「出稼ぎ労働者」なわけです。日本で稼いだお金で、実家で日本の中古品を買っているのかも?


posted by 瀬戸義章 at 17:19 | Comment(0) | 予習編「と、日本では聞いたけど」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。