2010年11月11日

汚れたイスも売り物に! 不用品から商品への第一歩 #1

darty.jpg

座面が汚れてしまったこのイス。お金を出して買おう、という人はいないとおもいます。いらないイス。日本では。

chairs.jpg

日本では「いらない」このイス。「いる」と手を上げる国があります。
たとえば、フィリピン。しかも、made for JAPAN ということで、信頼篤く。(本当に買ってもらえるかどうかは、来月、現地に行ってお伝えします。)

40feet.jpg

日本の"不用品"はフィリピンに運ばれて、リユース販売されています。このコンテナにぎっしり詰め込まれて。これは輸出入用のコンテナ用の一規格、40フィートコンテナで、長さ40ft(12.192m)×幅2.438m×高さ2.59mの大きさです。18畳分の大広間に、形の違うモノを隙間無く積み込んでいく技はまさに職人芸。何をどうやって積み込んでいくのか、その様子は次回の記事でお伝えします。

#今回のコンテナ積み込みは、株式会社ウインローダー 東村山センターの様子を取材させていただきました。

株式会社ウインローダー
http://www.winroader.co.jp/

ゼロエミッションセンター
http://www.eco-zec.com/


posted by 瀬戸義章 at 00:04 | Comment(0) | 準備編1 「ゴミダビに行く前に」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。