2011年04月04日

生ゴミ処理で緑あふれる街づくり!コンポストの取組inインドネシア#5

2011040301.jpg
スラバヤ市のRungkut Lor通り周辺は、緑にあふれています。まるで家どうし競い合っているかのように、植え込みには様々な種類の草花が並んでいます。なかには、傷を直す薬草も栽培されてます。この地域で園芸が盛んになったのは、生ゴミのコンポスト化が、ある発明によって、ぐっと進んだからなのです。


2011040305.jpg
その発明品とは、以前の記事でもご紹介した家庭用のコンポスト装置「タカクラバスケット」。これが開発されたのは2006年。それまでは、緑はなく、道にゴミがあふれていました。しかし、バスケットが普及するにつれてゴミは減っていき、いまでは、美しい地域として、市から表彰を受けるまでになっています。


2011040304.jpg
こちらは、地域の婦人会。主に就学前の乳幼児の世話などを行っていますが、タカクラバスケットの普及にも携わっています。

婦人会メンバーのひとり、Marianaに、バスケットの使用感を尋ねました。
「もちろん、ゴミを減らすのに役立ってます。それから、趣味で園芸をやっているんですが、腐葉土を買う必要がなくなりました。コンポストによって、いい土が無料で手に入るんですから」


2011040303.jpg
しかし、すべての家で、この「魔法のバケツ」が使われているわけではありません。歩いて聞いた限りでは、10軒に1軒ほどの普及率でしょうか。中には、買ったけれども、放置して使っていない、という家庭もありました。

「『かき混ぜるのが汚くてさ』『いままでとちがう事をやるのは手間がかかるよ』という声があるのは事実です。でも、道にポイ捨てをしていては、ずっと臭い暮らしのまま。わたしたちは、きちんとゴミの処理をすることの意義に気づいていく必要があると思います」

カンボジアでは、ゴミをゴミ箱に捨てる事、分別する事を伝えるのに、行政官が手こずっていましたが、インドネシアでは、地域に住む人びと自身が推進していく、という一歩進んだ段階のようです(もちろんインドネシア国内での地域差はかなりありますが)。


2011040302.jpg
帰り道、通りの壁に、コンポストの意義を伝える絵を見つけました。

posted by 瀬戸義章 at 00:34 | Comment(1) | 7カ国目「インドネシア」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月02日

環境教育はギターを弾きながら。コンポストの取組inインドネシア#4

前回の記事でご紹介した、スラバヤ市の環境NGO"PUSDAKOTA"は、小中学生向けに、定期的に環境教育を行っています。ときには、マドゥール島など、市外にまで出張して講座を開くこともあるそうです。たびたびこなしているだけあって、随所に工夫が見られました。



なにしろ、まずはギターを弾いて、みんなで歌うところからはじまるのですから。いきなりこの盛り上がり。ノリのいいお国柄もあるのでしょうが、子どもたちを引きつけることに力を入れている結果です。その後、ゲーム感覚で班分けをしてから、グループごとに施設見学をしていきます。


2011040106.jpg
スタートは朝の9時。お昼までの3時間での特別授業。きょう教わるのは近所の小学校、SITI AMINAHの5年生です。


2011040104.jpg
施設をまわりながら、有機ゴミと無期ゴミの違い、処理方法、コンポスト、植物の育て方、水の浄化方法などについて学びます。


2011040105.jpg
「これはなんだか分かるかい」
「「「タカクラー」」」
おお、家庭用コンポストの「タカクラバスケット」については知名度が高いです。


2011040102.jpg
途中で早弁を挟むのがインドネシア流(?)。こちらの始業は早く、午前6時にはじまる小学校もあります。そりゃあお腹が空きますとも。


2011040103.jpg
お母さん方にも料理が振る舞われました。スタッフお手製の肉団子。


2011040101.jpg
今日の授業についての感想は、
「いろいろあって面白かった」

posted by 瀬戸義章 at 02:12 | Comment(0) | 7カ国目「インドネシア」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。