2011年04月19日

東南アジアの「ゴミ箱」まとめ 〜フィリピン、タイ編〜

各国で見てまわった「ゴミ箱」を紹介します。凝ったデザインのものもあれば、とにかく分別!とばかりに大きく掲示されているものや、観光地の雰囲気にマッチしたものなど、地域性が見てとれますね。


2011041914.jpg
まずこちらはフィリピン、マニラ市の道路に置かれたゴミ箱。ちょっと荒れた使われ方です。
「緑と黄色はどう分けるの?」と道行く人に聞いても、
「さあ?」という答え。


2011041901.jpg
こちらはマニラ市内のショッピングモール内。ペットボトル専用の回収BOXです。クリアボトルとカラーボトルの違いはさておき、ちゃんと「ペットボトル」が集まっているようです。


2011041913.jpg
つづいて、タイのウィークエンドマーケット内のゴミ箱。これは特に分別していなさそうです。


2011041912.jpg
バンコクの駅前広場には巨大なゴミ箱が――!


2011041911.jpg
バンコクではゴミを「乾いている」「濡れている」で分けているとのこと。


2011041910.jpg
プロンポン地区のマンションにあるゴミ捨て場。
「赤が『乾いている』で、青が『濡れている』だと思うんですけど…… 瓶・缶はどっちなんでしょう?」
と住人の岩田さん。
……確かに、わかりづらいですね。


2011041909.jpg

2011041903.jpg
チェンマイの住宅街で使われているゴミ箱。一戸建ての玄関前にあります。古タイヤを再利用して脚にしているようですね。なんだか鉄鍋みたいですが、重くないのでしょうか。


2011041908.jpg
ソーシャル企業支援組織"change fusion"さんのオフィス内。さすが、きちんと分けられています。


2011041907.jpg
バンコクの観光地、"王宮"内のゴミ箱は、雰囲気に合わせたつくりになってますね。


2011041906.jpg
観光地の通りは、外国人向けのデザインと表記になっているようです。


2011041905.jpg
チェンマイの食堂にある、黒い大きな壺は生ゴミ専用の容器。回収人が引き取りにきています。豚の餌や堆肥にするようです。


2011041904.jpg
チェンマイのショッピングモール「リサイクル」「一般ゴミ」と分けられていますが、何がリサイクルできるのか、伝わってなさそうです。


2011041902.jpg
チェンマイの寺院内にある広場。イベントにも使われているようで、大勢の人が来る場所には、大きなゴミ箱が。「この箱にはこれを入れて!」とでっかく書かれているわけあって、きちんと分別されているようです。

次回は、ベトナム・カンボジア・シンガポールのゴミ箱事情をお届けします。


posted by 瀬戸義章 at 14:14 | Comment(1) | 東南アジア「まとめ」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月16日

目指せ世界一のエコホテル? バリ島ホテルのリサイクル

2011041406.jpg

2011041402.jpg
ここはバリ島。ホテル"パドマリゾート"。そのリサイクルの継続的取組に対して、証明書を授与されたというホテルです。そのニュースを見て、どんな取組をしているのか、覗いてみることにしました。


2011041405.jpg
門を入ってすぐのところに、ゴミの収集所。客室やレストラン、庭園などのゴミがここに運ばれてきます。緑はガーデニング担当、ピンクは敷地の補修、というように、シャツの色で担当がわかります。


2011041401.jpg
日本人客を専門に応対している、中澤美里さんにお話をうかがいました。

「日本とちがって、バリ島ではゴミを分別して捨てる、ということがふつうじゃありません。ですから、まずはホテルの従業員に、ゴミの仕分けを教えるところからはじめています」

例えばペットボトルは分けておき、給水用のボトルを納品している業者に、回収してもらっているそうです。


2011041404.jpg

「特別なことには思われませんよね。ですから、この認証のためにお客様が増えた、ということはありません。でも、まずはこういうリサイクルを定着させることからはじめたいと思います」

以前、ドイツはフライブルク市にある「世界一のエコホテル」とよばれる"ヴィクトリア"に泊まったことがあります。太陽光発電と風力発電を備え、間伐材のペレットを燃料とし、太陽光や地熱を活かすことで冷暖房を工夫、生分解性の石けんが使われ、宿泊者には公共交通機関のチケットが渡される。という徹底ぶりのこのホテル、いまでは3年先まで予約で一杯だとか。


2011041407.jpg
いっぽう、こちらはゴミが排水溝に詰まって、スコールのたびに道路が冠水するバリ島のホテル。千里の道も一歩からですね。


posted by 瀬戸義章 at 23:19 | Comment(1) | 7カ国目「インドネシア」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月13日

10年間の大修復。世界遺産、ボロブドゥール遺跡。



2011041302.jpg
インドネシアには、大がかりな補修によって甦った、1000年前の遺跡があります。「ボロブドゥール」。ジョグジャカルタ市から北西約42キロにあるこの仏教遺跡は、世界遺産に登録されています。


2011041301.jpg
西暦780年から833年にかけて、当時ジャワ島を治めていたシャイレーンドラ朝によってボロブドゥールは建造されました。しかし、この王朝の崩壊後、遺跡は歴史から忘れ去られてしまいます。イギリスのジャワ総督ラッフルズによって、密林の土中から再発見されたのは、1814年のことでした。


1973年、ユネスコによる大規模な補修がはじまります。まず、遺跡はすべて解体されました。そして、5万5千個の安山岩は、一つ一つ番号が付けられ、コンピュータで管理されながら、ふたたび組み立てられていきます。


2011041306.jpg
幅123メートル。高さ31.5メートル。世界最大の大乗仏教遺跡は、10年の補修を経て、ふたたび甦りました。1984年2月22日に、スハルト大統領が、ボロブドゥールの修復完成記念式典を盛大に行っています。これは、その記念碑。


2011041303.jpg
しかし、いまなお遺跡の補修は行われています。接着剤の類いはいっさい使われず、石が積み木のようにバランスよく配置されたこの遺跡は、赤道直下の日差しとスコール、そして年間100万人の重みによって、常にひずみ、ガタツキが生まれています。


2011041304.jpg
そこで職人が、日々、石を外してはまた組み直し、隙間を詰め、ずれを直してるわけです。


2011041305.jpg
タイを始めとする仏教国から、多数の信徒が訪れるこの遺跡は、そうやって守られ続けています。


posted by 瀬戸義章 at 23:32 | Comment(2) | 7カ国目「インドネシア」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月11日

"ゴミ"で村おこし!? インドネシアの新たなエコツーリズム

"ゴミ"で村おこしをしている地域が、インドネシアにあります。場所は、ジョグジャカルタ市近くのスクナン村。300世帯、およそ900人が住んでいる農村です。


2011041109.jpg
村の看板からして、空き瓶でできています。


2011041108.jpg
コミュニティ事務所の応接室。テーブルと向こうのイスは廃タイヤ製。手前のイスには、細かく裂いたプラスチック包装をいれて、模様にしています。奥にかかっているバッグも、すべて廃プラスチックをリメイクしたもの。


2011041107.jpg
これはミロの空きパックで作ったカバー。家庭やオフィスで使われる給水器にかぶせて、埃よけに使います。こうしたエコプロダクツがオフィスで販売されていました。

スクナン村の活動は、エコプロダクツの制作にとどまりません。


2011041114.jpg
こちらは街のコンポスト施設。


2011041106.jpg
「各家庭にもコンポストが普及するように努めています」と、スタッフのHartiniさん。様々な種類のコンポスト装置を作り、販売しています。


2011041104.jpg
たとえば、この素焼き製の壺は125,000ルピア(約1,250円)。同じ大きさのプラスチック製になると270,000インドネシアルピア(約2,700円)です。


2011041111.jpg
また、ゴミの分別を徹底し、缶・瓶・ペットボトル・プラスチックなどは、この倉庫に保管して、一定量溜まったらまとめて業者に売却しています。


2011041110.jpg
過去の記録が残っていました。2010年12月19日の売り上げは、717,750インドネシアルピア(約7,170円)です。


2011041103.jpg
通りのゴミ捨て場にはファニーなペイントをされたゴミ箱が。中をのぞいてみましょう。


2011041112.jpg
〈紙〉


2011041101.jpg
〈空き瓶、ペットボトル〉


2011041102.jpg
〈プラスチック〉

プラスチック製である200mlサイズのミネラルウォーターの容器が「空き瓶、ペットボトル」の中に入っていましたが、おおむね分けられています。

道にあるゴミ箱としては、今回訪れた7カ国のうち、最も分別されているゴミ箱でした。

10年前には、村民は当たり前のようにポイ捨てをしていました。田んぼもゴミだらけ。また、プラスチックゴミは野焼きして処分するので、有害な煙により空気も汚れていました。

「ぼくはこの村の出身じゃ無いけど、なんとかしたいと思ったんだ」
メンターのIsswantoさんは熱く語ります。

「でも、街でやっているように、車でゴミ収集をしたのでは、お金がかかる。良い仕組みはないものか…… そう考えていたとき、スカベンジャーがゴミ拾いをしているのを見て、はっとひらめいた。彼らは、ああやってゴミを拾い、お金に換えてくらしている。この村でも同じことができるんじゃないかとね」

エコプロダクツの製造もコンポストの製造も、有価物の仕分け・売却も、じつは村民が分担して、「仕事」として行っています。たとえばエコプロダクツが売れた場合には、70%が制作者に還元されるという仕組みです。


2011041105.jpg
廃材リメイクを始めたのは2002年から、彼の奥さんが試作品のカバンを作り、作り方を指導していきました。

「生ゴミはコンポストにする。紙や瓶、プラスチックやペットボトルは資源業者に売る。それ以外の廃材リメイクする。ゴミになるものなんてないんだよ。10年前と比べたら、道はキレイになったし、仕事ができて、稼げるようになった。蚊も少なくなって、病気が減って良いことずくめさ」

将来はエコツーリズムの村にしていきたい、といいます。
「こんどの日曜日には、別の街から50人が見学に来るんだ。日本からも大学生が来たことがあるよ。そうやって、エコな取組を見てもらえるような村にしていきたいんだ」

2011041113.jpg
もし、インドネシアに行くときは、この村の訪問を検討されてはいかがでしょうか。
Sukunan's Official Site


posted by 瀬戸義章 at 13:55 | Comment(0) | 7カ国目「インドネシア」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月10日

"ゴミ"の銀行!? インドネシアNGOのリサイクル活動。

いまGoogleで「インドネシア ゴミ」と検索すると、一位にこう表示されます。
"インドネシアに「ゴミ銀行」登場:日経ビジネスオンライン"

……「ゴミ銀行」!?

いったいどんなところなのか、確かめに行ってきました。場所は、ジョグジャカルタ市から原付で1時間ほど走った場所にある、バントゥール地区のバンデガン村。


2011040904.jpg
10坪ほどの敷地に、受付と倉庫がありました。ここで会員がもってきた、ビニルや紙・瓶などの売却できるゴミ、「有価物」の重さを量り、通帳に記入し、保管します。その場で買い取るわけでは無いのがポイントです。


2011040903.jpg
受け取った有価物はためておき、月に一度、業者に売却します。

有価物には一般にスケールメリットがあり、同じ素材のものなら、量が多ければ多いほど、値段が付きやすくなります。たとえば、1枚の古紙に値段は付きませんが、100万枚集まれば、より高く売ることができるように。


2011040902.jpg
この特徴を活かして、このゴミ銀行では、まとめて売却しているわけです。そして、重量に応じて金額を口座に分配していく、という仕組みです。


2011040901.jpg
現在、近くに住む252人が通帳を持っています。口座残高のリストが掲示されていました。一番の「お金持ち」が貯めた金額は、300,000インドネシアルピア(約3,000円)。携帯電話が買える値段です。

営業するのは月・水・金で、時間は午後3時から6時まで(日経の記事には午後4時から9時までとありますが、変更になったようです)。この日の来客は3人でした。


2011040905.jpg
「村がキレイになったよ」
もともとは、環境啓蒙のために設立されたというこのゴミ銀行。活動前後でなにが変わってきたか、NGOスタッフのBambangに尋ねました。
「前はあちこちにポイ捨てするのが当たり前だったけど、いまは子どもたちもゴミ箱に捨てるようになった。お金になる、っていうことがわかって、ゴミに対する意識が変わってきたんじゃないかな。少しずつだけどね」

スラバヤ市のPUSDAKOTAにせよ、このゴミ銀行にせよ、インドネシアのNGOは、粘り強く、そしてユニークな活動を続けている、と感じました。


posted by 瀬戸義章 at 00:35 | Comment(0) | 7カ国目「インドネシア」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。