2011年01月08日

タイのソーシャル企業支援 ChangeFusionへのインタビュー#1

2011010703.jpg
タイのソーシャル企業支援団体、Change Fusionの、Mr.Amarit(右)、Mr.Thanapon(左)にお話を伺いました。

――どういった組織なのですか?

「ChangeFusionは、社会的な発展を促進するための財団であり、開発プロジェクトや、社会企業支援を行っています。

タイでは、タバコ税や酒税の2%が、S.S.Sという社会福祉のための組織の予算となります。ChangeFusionはその団体に、事業提案することで、資金を獲得しています。

財団としてスタートしたのは8年前ですが、今のように社会活動にフォーカスしたのは、3年前からです。」


――オフィスを見ると若い人が多いですが、タイの学生はソーシャル企業への関心が大きいのでしょうか?


2011010702.jpg
「全体から見るとごくわずかだと思いますが、最近は若者の関心が高まってきているようです。ここでは、3〜5年金融機関の仕事をしていた人や、経済学部出身の子がスタッフとして働いています。」

――日本でソーシャルな活動をしているNGOには女性が多い気がしますが、こちらではどうですか?

「ああ、それはあるかもしれません。じつはChangeFusionも、スタッフの6割が女性なんですよ。」

――具体的なprojectについて教えてください。

「僕(Amarit)は10のprojectを担当しています。新しいものに"Unlimited Thailand"があります。これは、ソーシャル企業を支援するprojectです。

社会的に意義のある事業に対して、5万〜50万バーツ(約15万円〜150万円)の資金援助やコンサルティングを行います。


2011010706.jpg
スラムに住む女性が、廃材を利用して製品を作ることで、自立の支援をする"Thai song"や、バイオマス発電の"SUPREME RENEWABLE ENERGY"などが、このprojectが適用されるための審査に応募しています。」

――最後に、日本に向けたメッセージをお願いします。

「(Tahnapon)社会企業、ソーシャルエンタープライズという考え方をもっと知ってください。これからは、利益を上げるだけでなく、社会とwin-winの関係を作れるビジネスこそが成り立っていくと思います。」


2011010701.jpg
ちなみに、オフィスのゴミはきちんと分別されていました。Mr.Amarit、Mr.Thanapon ありがとうございました!


posted by 瀬戸義章 at 01:44 | Comment(0) | 2カ国目「タイ」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月06日

タイにはストローがたくさん落ちている? 〜拾ってみた。チェンマイ編〜

フィリピンに続いて、タイのチェンマイでも、実際にゴミを拾ってみました。


2011010501.jpg
拾ってみて、フィリピンとの違いに気づいた点は下記の通りです。


(1)ゴミの種類が豊富。
フィリピンがほぼスナック菓子の袋だったのに比べると、ペットボトルや缶、鉄、チラシ、説明書、テレビの部品など、バリエーションに富んでいました。「食」の比重が少ないと言えるかもしれません。

(2)紙ごみが多い。
フィリピンではあまり見られなかった紙ごみが半数を占めました。イベントのチラシ・ポスター、お店のセールのチラシ、お菓子の箱、などです。

(3)ストローが多い。
タイでは、ペットボトルや缶を買うと、必ずストローが付いてきます。そのせいで、半径5mほどの路上に、30本以上ストローが落ちていました。タバコの吸殻なみですね。


2011010505.jpg
こんなふうに、屋台でミネラルウォーターを買ってもストローが付いてきます。


2011010504.jpg
今回拾ったのは、滞在しているホテル周辺の通りです。大通りなどは、朝、ほうきで掃いているので、比較的ゴミが少ないですが、一歩、路地に入るとなかなかの量。


2011010503.jpg
ホテルの受付にて
「プラスチックの袋をください」
「いいけど、何に使うの?」
「ゴミ拾い」
「!?」


2011010502.jpg
40分ほどで一杯になりました。ちょっぴり、キレイになったかな。


posted by 瀬戸義章 at 03:11 | Comment(0) | 2カ国目「タイ」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月04日

タイで見つけたエコ商品!

フィリピンほど盛んではないようですが、タイでも廃材をリメイクした、さまざまなエコ商品を見つけましたので、まとめてご紹介します。


2011010303.jpg
ベルトが編みこまれた、これは……


2011010304.jpg
イスの座面でした。バンコクはAREE駅近くのショッピングモールのカフェです。


2011010305.jpg
ウィークエンドマーケットには、パッチワークのパンツが。


2011010307.jpg
お土産の定番。缶でできたトゥクトゥクです。


2011010306.jpg
SIAM駅に隣接するビルの中にはエコショップがありました。


2011010308.jpg
「商品の写真はwebサイトを使って」とのことでしたので、少しだけ転載してご紹介。こちらは、工場で余った糸を使ったランプ。


2011010309.jpg
古布を使った人形です。


ちなみにこのお店、タイだけでなく、FREITAGや無印良品など、世界のエコプロダクツも陳列されていました。


2011010302.jpg

2011010301.jpg
地方には、トラックの古タイヤを利用した、ゴミ箱台や植木鉢(?)があるそうです。
IC NET ASIAの岩城さんに教わりました。


2011010311.jpg
番外編。チェンマイのGINGERというアンティークショップで見つけました。40年前の中国で作られた、紙製のゴミ箱。よくみると、何かの包装紙が貼り付けられています。ちなみに、800バーツ(約3,400円)と、それなりのお値段です。


2011010310.jpg
番外編その2.チェンマイのカフェの店先で。カーパーツのジャンク品で作られたプレデター。


posted by 瀬戸義章 at 00:06 | Comment(0) | 2カ国目「タイ」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月01日

【告知】1月2日 J-WAVEに出演しました!

20110102.jpg

2011010202.jpg

xChangeの丹羽順子さんがパーソナリティをつとめるラジオ番組、「LOHAS SUNDAY」に出演させていただきました!

タイのお正月事情やゴミタビのこれまでとこれからをお話できました。いやあ、緊張した。

写真は番組でお伝えした、チェンマイのコムロイを上げる様子と、宴のあと(火薬が燃え尽きて落ちてきたコムロイ)です。

****************************************************************
《詳 細》
  日時 :1月2日(日)8:20頃〜(5分程)
  放送局:J-WAVE(FM 81.3MHz)
  番組名:LOHAS SUNDAY
  概要 :各国のお正月とロハスを紹介するコーナーです。
****************************************************************
posted by 瀬戸義章 at 10:37 | Comment(0) | 2カ国目「タイ」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。