2010年12月06日

リサイクルのかなめ。フィリピンJUNK SHOP事情#1

フィリピンのリサイクル活動を支えている、といっても過言ではないのがJUNK SHOPです。スカベンジャーから鉄くず、缶、瓶、ペットボトルなどの「有価物」を買い集める店舗です。買い取った素材は、鉄工所などに、素材として販売しています。

フィリピンには数多くのJUNK SHOPがあります。ゴミ捨て場の近くだけでなく、街中にも。小一時間、大通りを歩けば、1,2軒は見つかるでしょうか。

これは、アロマゴミ捨て場にある、クリスティーナのJUNK SHOPです。彼女は映画『BASURA』の主人公。この地区の案内をしてくれました。




ちょうど、トラックを着けて、集めた有価物を運び出しているところでした。袋を覗くとダンボールなど紙類のようです。

「紙は重いの。濡れているから。」
「一番高く売れるのは、アルミやステンレス等のの金属だけど、ほとんどないわ。鉄くずも、紙も、ペットボトルも、瓶も、みんな安い。」

じっさいにどれくらいの相場なのか、調べてみることにしました。(続く)


posted by 瀬戸義章 at 18:50 | Comment(0) | 1カ国目「フィリピン」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月05日

ゴミを拾って人気者になる方法

2010120505.jpg
こんなありさまです。十重二十重に、というと大げさですが、画角に入りきらないほど、子どもたちに囲まれました。ちょ、押すなって(笑)。


2010120506.jpg
ホームステイ先はマニラではなく、ブラガンという地方都市なのですが、道路には、あちこちにゴミが落ちています。その種類を、実際にゴミを拾って、調べようと思ったのが発端です。


ゴミを拾っていると、道の近くで遊んでいた子供たちが、つつつ、と寄ってきました。姉弟でしょうか。タガログ語でなにやら話しかけられます。さっぱりわかりませんが、とりあえず笑顔で知っているタガログ語を並び立てるところから。

「マガンダン アーラウ(こんにちは)」
「サラーマット ポ(ありがとうございました)」
「マサーラップ(おいしい)」
なんとなく盛り上がっていきます。

「ワッラネー」
「(what's your name?かな。)YOSHIAKI! What's your name?」
「キム ポ」
「(ポ をつけると丁寧な表現だと聞いたから、礼儀正しいお姉さんなのかな)」

2010120507.jpg
そして、
「バスーラ(ごみ)。バスーラ」
と言っていると、手伝ってくれるではありませんか。


そして、すぐさま他の子たちも集まってきました。
葉っぱを入れようとする子に、それは違うよ、とか。
土にまみれた紙くずを持ち上げて、きゃあ、汚い! とか。
なぜか落ちていた下着に パンツ!パンツ!とか。
プラスティック、プラスティック!リズムを付けながら、とか。
いつの間にか、ゴミ拾い調査が、エンターテインメントになりました。


2010120503.jpg
ビニル袋は5分で満タンに。


2010120504.jpg
諸君、ご苦労であった!


2010120502.jpg
拾ったゴミの構成を見ると、左半分が容器包装プラスチック。それも、お菓子の包装がほとんどです。ええと、君たちが捨てたのかな?


右下にあるのはビニル袋。何かを買えば、必ずついてきます。また、お惣菜を店で買って、このビニル袋につめて、持ち帰るのも一般的。中央上にあるのは紙くず。その右には、たぶん、風で飛んだ洗濯物。

2010120501.jpg
タバコの吸殻とマッチもちらほら。


ペットボトルや瓶・缶は、本職のスカベンジャーが持っていったのか、見当たりませんでした。

それにしても、日本のgreen birdさんに習って、ゴミ拾いを演出したら、美化が進むのでは?
たとえば音楽を流して、歌でも唄いながら。毎週日曜日に、各地区で子供たちを集めて。終わったらカードにはんこを押すとか。たまったらお菓子がもらえるようにして。そう感じました。

posted by 瀬戸義章 at 21:17 | Comment(3) | 1カ国目「フィリピン」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月04日

ナイフと地方のゴミ処理場

隣町に大きなDump siteがあると聞いたので、連れて行ってほしいとお願いしました。ホームステイ先のブラタスから、隣町のギギントまで、トライシクル(サイドカーつきカブ)で約30分。滞在先の家族のひとり、Ronnelがトライシクルドライバーなので、頼りになります。


2010120401.jpg
到着した先がここなのですが、想像していた場所と違います。収集車がやってきて、ゴミを捨て、埋め立てる、といったゴミ処理場には見えません。


2010120402.jpg

2010120403.jpg
聞くと、近隣の住民が勝手に捨てていって、こうなったとか。それが隣町まで有名な規模になるとは。ほかの場所でも、アンオフィシャルなゴミ捨て場がありそうです。


2010120404.jpg
このゴミ捨て場にも一人スカベンジャーがいました。彼のような存在は、アロマや、パヤタスなどの有名どころに限ったわけではなさそうです。


ところで、道すがら、このあたりの治安について話を聞きました。「この道でこの前、殺人事件が起きたんだ、夜10時、男の子がのどを切られて、頭を割られて 女の子もレイプされて殺された」

ちなみに、このスカベンジャーは刃渡り15cmほどのナイフを剥き身で持っていました。

私たちと出会うと、刃の方を持って、後ろ手にしたので、粗暴ではなさそうですが、決して、後ろには立たせないようにしました。
posted by 瀬戸義章 at 20:23 | Comment(2) | 1カ国目「フィリピン」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「いらない」から「いる」へ。ローテーブルをめぐる冒険。

以前の記事
「汚れたイスも売り物に! 不用品から商品への第一歩 #1」
 「日本からフィリピンへ。不用品から商品への第一歩 #2」
 「輸出=テトリス? 不用品から商品への第一歩 #3」
でご紹介した通り、日本で中古品として再販売できない不用家具は、フィリピンに運ばれ、商品として扱われています。
(店舗の写真が許可申請中につき、サマリーのみお伝えします)


2010120301.jpg
こちらが日本では粗大ゴミ扱いされてしまったローテーブル。


2010120302.jpg
たしかに、よく見ると傷だらけです。これを日本で買いたい、という人はいないかもしれません。これがフィリピンに輸出されると…


2010120304.jpg
"Yeah!" というリアクションをみせたのは、このローテーブルを購入したテスさん一家の次男。


2010120303.jpg
購入額は1,200ペソ(約2,400円)。交渉の末、300ペソ値引きされました。

「ちょうどローテーブルが欲しかったの。傷があるのは、確かに気になる。ほら、ここにも。でも、新品は高いし、長く使うものだし、この値段だったらちょうどいいと思う。」

「ちょっと前に買った中国製のチェストは、新品なのに1年で壊れちゃった。日本の中古品は、中国製の新品よりは信頼できる。」

「折りたたみできるのがとてもいい。家が狭いから。使わないときは、閉まっておけるでしょ。」

彼女の目には、このローテーブルは粗大ゴミとしてではなく、立派な商品として映っています。

「それに、かわいいでしょ。黒と灰色が好きなの。」


posted by 瀬戸義章 at 00:13 | Comment(0) | 1カ国目「フィリピン」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月02日

目をつぶって店に入ればそこはリペアショップ!フィリピンの修理事情

フィリピンにはたくさんのREPAIR SHOP(修理店)があります。今回、調査したのは、マニラから車で1時間ほど離れた、地方都市ブラガンの繁華街。屋台に路面店、ショッピングモールの中まで。徒歩20分圏内に10店舗以上はありました。


2010120209.jpg
ここは、テレビのREPAIR SHOP。


2010120210.jpg
テクニシャンのGIL ESPIRITU。"GUZMAN ELECTRONICS INSTITUTE"で3年修行し、ナショナルライセンスを取得したベテランです。修理費は、白黒のブラウン管TVで600ペソ(約1,200円)。薄型液晶TVで4,000ペソ(約8,000円)との事。


2010120207.jpg

2010120208.jpg
サンダルの修理は100ペソ(約200円)、バッグの修理は120ペソ(240円)。


2010120205.jpg
傘の修理は100ペソ(約200円)でした。


2010120206.jpg
時計の修理は、残念ながら昼食時で誰もいませんでした。


2010120203.jpg
続いて、携帯電話のREPAIR SHOP。


2010120204.jpg
修理費は程度にもよりますが、およそ200〜400ペソ(約400円〜800円)とのこと。どうやってテクニックを身に付けたの? という質問には、"Experience"という答え。……大丈夫かな。


2010120211.jpg
ショッピングモール内にも、修理の看板。店自体は、ふつうのケータイショップのようですが。


2010120201.jpg
ポピュラーな乗り物、トライシクルの修理。


2010120202.jpg
タイヤ交換に1時間で250ペソ(約500円)。ちなみにトライシクルの価格は中古で40,000ペソ(約8万円)、新品で150,000ペソ(約30万円)だそうな。

ちなみに、フィリピンの平均月収は約3万円だそうです。8倍すれば日本の尺度になるとしたら、液晶TVの修理は64,000円、靴は1,600円、携帯電話は3,200円〜6,400円。こうしてみると、所得に比べて修理費が激安! というわけではなさそうです。

ちなみに、ホームステイ先には、壊れた洗濯機、液晶テレビ、エアコンがそのまま置いてあります。直さずに、手洗い、旧型テレビ、扇風機で代替。

また、サンダルの修理費は100ペソでしたが、マニラで購入したクロックスもどき、は108ペソでした。

製造が簡単な日用品は、新品のほうが安くなりつつ、電化製品はまだ修理も高くてできない、という二極化していると感じました。
posted by 瀬戸義章 at 23:55 | Comment(0) | 1カ国目「フィリピン」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。